記事内に広告が含まれています。

人生戦略のおすすめ本4選【人生戦略の立て方が分かる】

まるいゆめです。

人生戦略と名のつく本は、中身が千差万別でしっかりとした戦略系の本もあれば、人生論に近い本もあるのですが、この記事では理論的な戦略ベースの本を中心に紹介しています。

占い師が考えた人生戦力論の記事を作るに当たって、実際に読んだ本をレビューしています。

この記事で紹介する人生戦略の本はこの4冊

  1. 戦略を人生に当てはめてくれている:『「価値ある自分」の作り方・戦略的人生マネジメントのすすめ』
  2. 戦略の本質を学べる:『USJを劇的に変えた、たった一つの考え方』
  3. 戦略初心者におすすめ:『世界一シンプルな「戦略」の本』
  4. 自己責任論!戦術的生き方:『史上最高の人生戦略マニュアル』

1.『「価値ある自分」の作り方・戦略的人生マネジメントのすすめ』:岩城賢

岩城さんはソニーの副社長まで登り詰めた戦略家の経営者です。困難な時代を生きるために、戦略的な生き方が大事と述べています。戦略をしっかり人生戦略に当てはめて書かれているので、一番目にしました。

この本で人生戦略の目的は「人生という旅路において目指すべき方向で充分(夢や達成したい物事など(丸井)」であり、人生戦略の目標は「なるべく具体的であるほうが役立つ」と述べています。そして3~5年スパンの節目で目標の進捗状況を確認し、自己改革が進んでいるかチェックすればいいとのことです。本の後半はソニー時代の経験を豊富に書かれています。

占い師が考えた人生戦力論の記事でも同じようなことを言っているので、影響を受けています。

個人的なお気に入りの言葉は「人生戦略のボトムライン(底辺)は「稼ぐ力」を確保することにある」です。

2.『USJを劇的に変えた、たった一つの考え方』:森岡毅

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,540 (2024/04/16 12:55:25時点 Amazon調べ-詳細)

がっつりマーケティングの実践的な内容ですが、戦略の基礎基本と本質が分かりやすく解説されています。戦略の解説は一章分しかないのですが、著者はこの本のテーマを「マーケティング思考」「キャリアの成功」としていて、人生戦略におおいに活用できる本です。

また日本人は「戦術が得意で戦略が苦手」というのが勉強になりました。精神力や細かく行き届いた配慮などの現場力は優れているが、情緒性が強く働く日本の会社の意思決定は曖昧な空気で動くため、合理的な判断ができないようです。

3.『世界一シンプルな「戦略」の本』:長沢朋哉

この本では戦略を「目的と手段」、「選択と集中」の2つに定義して解説されています。実践的な内容で難しいところもあるのですが、定義の解説は1ページに分かりやすく解説されていて、初めて戦略の概要を知りたい方におすすめです。

自分の場合、コラムに書かれている戦略の豆知識のほうが参考になりました。例えば「戦略の口癖」では、ものを考えるときに、その「目的」を考えて、その目的の適切な「手段」は何かを口癖にすると戦略思考の練習になり、その目的と手段の答えに対して、「理由」を問うことで正しいかどうかを判断することで論理的思考の訓練になります。

自分は物を買うときに結構使っていて、色んなことに応用できると思います。

4.『史上最高の人生戦略マニュアル』:フィリップ・マズロー

created by Rinker
¥63 (2024/04/16 12:55:26時点 Amazon調べ-詳細)

この本の主張は「人生に責任があるのは自分であり、人生をコントロールできるのは自分しかいない」です。徹底的な自己責任の考え方を弱者に対してこれでもかと書かれています(笑)。

例えば

仕事が気に入らないならあなたの責任だ。関係が行き詰ったのなら、それもあなたの責任だ。太り過ぎているのも、異性を信じられないのも、幸せでないのも、すべてあなたの責任だ。

まるちゃん
まるちゃん

一周回って好き。

原因と結果の法則は宇宙の真理であり、不満や言い訳を言って生きている人は逃げているだけだとこの本は言いたいのでしょう。

また自分の認識が今と未来を作ることを再確認させられました。

この本は言わば、戦略の下に位置する「戦術」に当たります。自分自身の心や考え方の方向性ことであり、ストイックに自己管理することでしょう。

≪kindle unlimited≫で読み放題|30日間無料体験

コメント